公演情報 リリース情報 チケット予約 オンラインショップ ライブラリー 宇宿允人とは

事務局便り

トピックス

    4/9追悼公演のチケットは完売致しました。
2011年08月03日

追悼番組のおしらせ(2)

2011年06月22日

追悼番組のお知らせ

    東京MXテレビ「西部邁ゼミナール~戦後タブーをけっとばせ~」にて宇宿允人の追悼番組が放送される事となりました。

    ・放送予定(2週連続)
    第1回 7月9日(土) 午前10:30~11:00
    第2回 7月16日(土) 〃

    ・再放送予定
    [第1回]
    7月10日(日) 午前6:30~7:00
    7月12日(火) 深夜24:30~25:00 (S2/092ch)
    [第2回]
    7月17日(日) 午前6:30~7:00
    7月19日(火) 深夜24:30~25:00 (S2/092ch)

    番組ホームページへのリンク

2011年03月08日

訃報


    訃報

    指揮者 宇宿允人儀 長期療養の甲斐なく
    3月5日 午前11時48分 腎臓癌により享年76にて永眠致しました
    誠に勝手ながら 7日に家族葬を執り行いました
    故人の強い遺志により ご会葬 お供物等は固く辞退させて頂きたいと存じます

    生前に賜りました多大なるご支援 ご厚誼に衷心より御礼申し上げます

    後日偲ぶ会を催す予定でございますが 詳細は改めてお知らせ致します

    平成23年3月8日
    東京芸術音楽協会

    ご購入頂きましたチケットの払い戻しにつきましては、下記の各窓口にてお手続き頂けます。

    ・チケットぴあにてチケットご購入のお客様

    ご購入方法(店頭・郵送など)によりお手続きが異なります。
    詳細は以下のリンクよりご確認下さい。
    また、払戻期間が2011/03/31迄と設定されておりますので、お早めにお手続き頂きますよう御願い申し上げます。

    払い戻し情報 (チケットぴあ)

    連絡先:チケットぴあインフォメーション
    TEL:0570-02-9111

    ・サントリーホールチケットサービスにてチケットご購入のお客様

    連絡先:サントリーホールチケットサービス
    TEL:03-3584-9999

    ・東京芸術音楽協会よりチケットご購入のお客様
    (オンラインショップを含みます)

    当協会より直接チケットをご購入頂きましたお客様につきましては、別途郵送にてご案内申し上げます。

    ご不明な点などは協会事務局までお問い合わせ下さい。

    連絡先:東京芸術音楽協会
    TEL 03-3333-7278
    FAX 03-3333-2333

    お客様各位

    コンサートキャンセルのお詫びとお願い

    日頃より「宇宿允人の世界」にご支援、ご協力を賜わり誠にありがとうございます。
    不本意ながら残念なお知らせをしなければならなくなりました。かねてより癌で闘病中の指揮者宇宿允人の体調回復が見込めず、本人苦渋の決断の結果、来る3月10日(木)第187回「宇宿允人の世界」サントリーホールでのコンサートはキャンセルの運びとなりました。

    開催を待ち望んで下さっていた全国の皆さまには誠に申し訳なく、長く宇宿允人の音楽を愛し支持して下さった皆様に深くお詫び申し上げます。
    キャンセルに伴い、多大なる御迷惑をお掛け致しますが、なにとぞご寛恕賜りますよう伏してお願い申し上げます。

    チケットの払い戻しにつきましてはこちらをご参照下さい。

    取り急ぎ、略儀ながら書中をもってお知らせ申し上げます。


    2011年3月1日 東京芸術音楽協会

    第187回(2011/3/10)公演チケットのオンラインショップ販売は2/7で終了させて頂きました。当日券につきましては別途お知らせ致します。
    MOKU誌2010年9月号の特集「人間の条件」にて宇宿允人のインタビューが掲載されました。ぜひともご覧下さいませ。

    続きはこちらをクリック    

    クロワッサンPremium(プレミアム) 2009年 10月号 クロワッサンプレミアム誌2009年10月号(2009/08/20発売)に宇宿允人の紹介記事が掲載されました。ぜひご一読下さい。公式サイトはこちら
    MOSTLY CLASSIC (モーストリー・クラシック) 2009年 08月号 MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)誌2009年08月号(2009/06/20発売)「NONFICTION~アーティストたちの鼓動」に宇宿允人の紹介記事が掲載されました。
    MOSTLY CLASSIC公式サイトにて立ち読みできます。ぜひご一読下さい。
    「宇宿允人の世界」オンラインショップ
    公演チケットをはじめ、CDやDVDなどの関連グッズも当サイトにて直接お求め頂けます。皆様のご利用を心よりお待ちしております。 [ショップを覗く]
    人生は夕方から楽しくなる毎日新聞 11月22日(土曜日)付けの夕刊・コラム
    『人生は夕方から楽しくなる』にて、宇宿允人が取り上げられました。
    機会がございましたら、ご一読ください。
    PDF版はこちら
    English version is here

    friday_wk00.jpg
    9月21日発行の「週間金曜日」No.671・(p.47)に、宇宿允人の世界が紹介されました。
    このコラムだけで「宇宿允人の世界」が伝えようとするそのほとんどが凝縮されているように思います。
    ぜひ一読下さい。
    (記事参考)

    新年明けましておめでとうございます。

    昨年末の「第九」公演では、多くのお客様にご来場頂き誠にありがとうございました。
    特に初めての試みであった特別公演「知的障害者の人と一緒に第九をうたう・ユニバーサルコンサート」では、知的障害者で結成された合唱団「ブリューデル合唱団2006」が参加し、宇宿允人の指揮のもと、見事にプロの合唱団、フロイデフィルハーモニーとベートーヴェン「第九」をうたい上げました。

    続きはこちらをクリック    

    Now you can listen live recordings!!!ライブラリーで試聴が出来るようになりました。
    徐々にサンプルを増やしていきますのでご期待下さい!
    ※ご利用のInternet接続環境に合わせてHIGHLOWをお選び頂けます。


    毎週日曜日に東京都立武蔵台養護学校で合唱の指導をしています。
    長時間の練習にもかかわらず、集中して練習を続ける姿に感銘を受けました。

    続きはこちらをクリック    

2006年10月08日

宇宿オケ・楽譜の秘密

    毎回コンサートで使用している楽譜には、宇宿の息が吹き込まれている。
    通常、指揮者はスコア(総譜)をだけを準備し、各パートの楽譜には手を入れない。練習中に注意をされたところは、各奏者もしくはライブラリーという係りが手直しをするのが一般的である。
    そして市販されている楽譜はサイズが小さく見にくく、場合によっては音符の途中で切れている。
    これを宇宿は、ほぼ毎回のように全員の楽譜を段ごとに切り刻み、幅を広げ見やすくするというミリ単位(感覚)でオリジナルの楽譜を作り上げる。

    続きはこちらをクリック    

    1977年田村バレエ団(関西)より委嘱を受け、演奏活動のかたわら約2ヶ月で書き上げたのがバレエ音楽「ゆき女」である。初演は同年、大阪森ノ宮会館。全36曲、2時間半を要する大作。全曲の中から約40分にまとめたものを演奏している。
    バレエの物語は、日本の雪深い東北地方が舞台となっている。

    続きはこちらをクリック    

    第1回公演より宇宿允人の芸術を理解し、真の後援者として宇宿を支えた。

    (財)日本発明振興協会会長として貢献し、高松宮殿下とは公私共に親交があつかった。
    絵画に優れた才能を持っておられ、美、芸術に対する深い理解を示されていた。

    チャイコフスキー交響曲第4番の演奏を聴き、「オーケストラは鳥の羽のようにユニークである」と感想。
    この絵を宇宿にプレゼントしたという。


    続きはこちらをクリック    

この情報のフィードを取得
[フィードとは]
Copyright (C) 2008 東京芸術音楽協会 / Freude Philharmonie. All Rights Reserved. 当サイトのテキスト・画像等の転載・無断利用・無断引用は禁止します.