公演情報 リリース情報 チケット予約 オンラインショップ ライブラリー 宇宿允人とは

ギャラリー

準備中
sorry, now proceeding

プロフィール

    宇宿 允人 (うすき まさと)
    1957年、東京芸術大学器楽科卒業、翌58年から69年までNHK交響楽団で首席トロンボーン奏者として活躍。その間、近衛秀麿氏に師事して管弦楽法および指揮法を学ぶ。

    68年、ニューヨークに派遣され研鑽。69年9月大阪フィルハーモニー交響楽団の専任指揮者に就任。

    70年10月、大阪フィル定期演奏会ベートーヴェン「ミサソレムニス」で、前例のなかった指揮者個人に対して栄誉ある大阪文化祭賞を受賞。

    同年、ヴィエール室内合奏団を結成。73年、ヴィエール室内合奏団定期演奏会で再び大阪文化祭賞を受賞のほか、多くの賞を再三にわたり受賞。 海外においては75年からルーマニアの各オーケストラの客演指揮者として招かれるようになり、76年には、ヴィエールフィルを率いてルーマニア音楽祭に出演。アンコールが1時間にも及ぶ演奏を行い、地元紙などから絶賛を浴びる。 以後、関西を中心に精力的に活動を続け、ウィーンフィルの首席奏者をはじめ、内外のソリストとの共演を重ねる。

    さらにバレエ音楽「ゆき女(ゆきじょ)」をはじめ、作曲・編曲も手がけ、これらの作品は独自の芸術領域を開くものと各方面から高く評価されている。

    82年4月、多くの後援者の支持を得て、東京芸術音楽協会を組織。「宇宿允人の世界」のタイトルによる独自の演奏会を続けている。

Copyright (C) 2008 東京芸術音楽協会 / Freude Philharmonie. All Rights Reserved. 当サイトのテキスト・画像等の転載・無断利用・無断引用は禁止します.